The ハード・ゲイマー

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯野賢治が放つ家庭用ゲーム第一弾とは?

<<   作成日時 : 2009/03/31 12:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

飯野賢治氏が放つ家庭用ゲーム第一弾が任天堂のwiiにて発売。タイトルは「きみとぼくと立体。」(ファミ通)


( ´ー`)y-~~ 発売日が2009年3月26日とのことなので、もう既に発売されています。[→きみとぼくと立体。公式サイト]前回私は自分の希望も含めて大作RPGが来るのではないか、と予想しましたが、発売されたゲームは全く違うものでした。当たり前ですね、すみません。実際に発売されたゲームは、不安定な土台の上にモノ(ゲームではニンゲと呼ばれる)を置いてバランスをとって遊ぶというカジュアルなゲームのようです。一度台の上に置いたモノは操作できなくなり、そのモノが自分の意思で動いたりするというのが目新しいところでしょうか。

このゲームで注目すべきは内容ではなく、飯野賢治氏が任天堂の名前でゲームを発売したことと、ダウンロード専用のゲームということだと思います。過去に発売されたゲームを売り直すためではなく、パッケージでは発売できないような粒の小さいゲームをダウンロード販売し、ゲームの多様性を保って欲しいと思います。

余談ですが、作品のタイトルが「きみとぼくと立体」ではなく、「きみとぼくと立体。」とあえて句読点を付けているところに飯野氏ぽっさを感じませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>「きみとぼくと立体。」とあえて句読点を付けているところに飯野氏ぽっさを感じませんか。

(-:


ぜひ、プレイしてみてください!

感想もぜひ。

ー飯野
eno
2009/04/01 16:09
>>飯野 様
コメントありがとうございます。
ソフトが手に入ったら取り上げますね。
Akira
2009/04/12 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯野賢治が放つ家庭用ゲーム第一弾とは? The ハード・ゲイマー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる