The ハード・ゲイマー

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯野賢治、始動

<<   作成日時 : 2009/03/11 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて「Dの食卓」シリーズなどを手がけた、ゲームクリエイターの飯野賢治氏が久々に家庭用ゲームに復帰するのでは? というウワサが一部で広がっている。(ITmedia)

( ´ー`)y-~~ あの天才ゲームクリエイターが帰ってきます。現在彼はモバイル向けのゲームを作っていますので、この発言は家庭用ゲーム機という表舞台への復活宣言とみてよさそうです。

飯野賢治氏と言えば、良い意味でも悪い意味でもゲーム業界で話題となってきた人物です。彼や彼の作り出したゲームを悪く評価する人はたくさんいます。確かに、彼の言動や、ゲームの面白さについては問題があります。私はそれらを擁護するつもりはありません。しかし、一つだけ確かに言えることがあります。それは、彼が作り出したゲームは全て「次世代」というものを感じさせました。言い換えれば、「ゲームが新しい時代に入った」ということをプレイヤーに思わせました。今のゲームは新しいものが出るたびに技術的には進歩していっていますが、彼の作品に触れたときほどの驚きや期待感をもてるものはなかなか無いと思います。

ITmediaの記事では「Game Developers Conference 2009」で何らかの発表があると睨んでいますが、どうでしょうか。「300万本売れるRPG」が現実のものとなるかもしれません。9年前に比べて、海外進出やマルチプラットフォームが当たり前になっていますので、あながち夢物語ではないでしょう。

飯野氏の「次」に要注目です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯野賢治、始動 The ハード・ゲイマー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる